家具あり?なし?

家具がある

最近ではベッドや電化製品などの家具家電が付いている賃貸物件が多くなってきています。そのような物件ならすぐに引っ越して新生活を始めることが可能となっているので、利用者が増えてきていると言えるでしょう。

なにもない

家具を既に持っているのであれば、わざわざ買う必要性がないので、所持しているものを運ぶと良いでしょう。また、新しく購入すれば自由自在にカスタマイズをすることができるようになるでしょう。

契約した決め手ランキング

no.1

家賃の安さ

都会は家賃が高いとされていますが、駅から少し離れている所や築年数が古い物件ですと月々4万円から5万円程度で借りることが可能となっているので、選ばれていると言っても過言ではないでしょう。

no.2

広さ

現代では年齢や性別に関わらず一人暮らしをしている方が多くなってきています。ですので、ワンルームの賃貸物件は早めに押さえておかないと予約済みになってしまう可能性があるので、注意が必要です。

no.3

駅近物件

駅が近ければ仕事や学校に難なく通うことが可能となっているので、このような物件を選ぶ方が増えてきています。また、残業や部活で遅くなっても駅からすぐであれば、犯罪に遭う確率を減らすことが可能です。

no.4

セキュリティ

鍵だけでなく、暗証番号や指紋を翳さなければ開けることができない賃貸物件であれば、一人暮らしの女性の方でも安心して住むことができるでしょう。こういった理由から4位にランクインしているのです。

no.5

駐車場付き

都会や田舎に関係なく車社会となっている日本では駐車場の有無が死活問題となる場合があります。そういった背景から、マイカーを停める土地があるかないかで判断する人がいるのも事実となっています。

契約に必要なもの

敷金礼金

今では敷金礼金が0のところもありますが、全部が全部そうではないので、事前に確認すると良いでしょう。また、相場として家賃の1から3カ月分が妥当となっているので、10万円から20万円を用意しておくべきです。

保証人

賃貸物件を借りる際には保証人を家族や知人にお願いしなければなりませんが、適応能力がなかったり、断られてしまったりしたのなら、保証人会社を利用すると良いでしょう。お金を上乗せすれば契約することが可能です。

住民票と印鑑証明

今住んでいるところを明確に知らせることができる住民票と公的な場所で使用されたことが認められている印鑑証明はそれぞれの市役所で申請することができます。ですので、事前に揃えておくといいかもしれません。

収入証明書

社会人の場合は支払い能力があるかどうか判断されるので、源泉徴収書、確定申告書、支払い証明書などが必要不可欠になってきます。源泉徴収書は勤めている会社に報告することで手に入れることができるでしょう。

口座や通帳

銀行や郵便局で口座と通帳を開設することができますが、キャッシュカードが届くまでに10日はかかるので、早めに作っておくと良いでしょう。そこから家賃を引き落とすことで、支払いをすることができるのです。

[PR]仲介手数料無料で対応してくれる
理想の物件を見つけよう☆

[PR]学生で賃貸物件申し込み
礼金の安いところが選べちゃう!

[PR]広島の賃貸ラクラク検索☆
条件に合った物件を見つけよう

[PR]シェアハウスなら家賃を参考に探そう
多種多様な物件を公開中

[PR]浜松の賃貸アパートを多数紹介
理想の物件を見つけよう☆

賃貸物件にはいろいろある『より快適に暮らす術』

男性

新境地を開拓

定評のある街で知られている広島の賃貸物件はリーズナブルな価格になっているので、気軽に引っ越しをすることが可能となっています。また、中には仲介手数料無料の物件があるので、初期費用を抑えることもできるでしょう。

暮らしを考える

浜松から千代田区に引っ越しを検討している場合は賃貸物件を探さなくてはなりません。また、アパートであれば家賃を下げることが可能となっていますし、立地もいいので一人で住むにもいいですし、家族と住むにもぴったりです。

広告募集中